ホーム   »  2014年01月
Archive | 2014年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOD3、FAの事

久々に更新。

DOD3
音ゲーもクリアして、トロコンもしました。
音ゲーは難しいというか、画面移動むちゃくちゃすぎてアレですね。人によっては画面見ない方が上手くいくらしいですけど、個人的には画面見て画面の移動のタイミングとかウタヒメファイブ+αの動きとかを目印にしてボタン押すほうが楽でした。世間的に不評が多いみたいですけど、ミス一発即死でさえ無ければ楽しめそうな。
アクション
白兵戦は自分がこれまでやったことあるゲームの中では一番ぐらいに面白かったです。ガードが全方向対応だったりしてちょっとヌルいですけど、十分楽しめたかなー。
空中戦はDOD1.2をしたことないし良くわからないですけど、少なくともACERとかいうゲームよりは面白かったですね、うん。
ストーリー
正直雑い面が幾つか見えたものの、暗いストーリーは他では余り味わえないもので良かったと思います、陳腐な気もしますが。特にDエンド。賛否両論あるみたいですけどね。フルプライスで買う必要はないような気もします。
仕様・その他
ロードが割りかし長いっていうのがアレでしたね。別にストーリーを進めていく分には問題ないけど、リトライ何回もするようだとストレス溜まるかなーってな感じで。
緋色の服はもう少し早く入手出来てもよかったかなー、正直武器全部強化してる間に大抵の人がトロコン間近でしょうし、トロコンしたら使うこと無いですし。初心者救済でもなければやり込んだ人向けの豪華プレゼントでもないし。
それから、感想とか見てるとバグを問題にしてる人が多いみたいだけど、自分はバグには何一つ引っ掛からなかったので問題なし。Who cares about that?-Maybe some unfortunate people.
バグと同じぐらい不評なのが処理落ち、ですけど、処理落ちしない派手なゲームをしたことがないのでこっちも特に気にならなかったかなwただせっかくのミハイルの援護で処理落ちするのは流石にどうかと思いました。使う気起きないもんあれ。

追加エピ配信されてほしいですね。緋色の服使って暴れたい。
そんなこんなで楽しかったです。

ACFA
最近ぼちぼちやってますが、周りのレベル上がってるのに、自分の動きがうんkすぎてアレですね。漸く戻りだしては来ましたけども。
軽二はWショットしたいんですけど、いかんせんまともに捕捉が出来ないんでマシライに甘えてます。重いので捕捉出来ない理由は大体把握出来てますけど、軽いので捕捉できてないのはなんでなんでしょうね。単なる慣れってアレだと戻すの大変なんですけど、多分慣れなんじゃないかなあ。

それから昨日だったか、4よりFAの方が単純な力量が要る気がするとかツイートしましたけど、それについて
そもそもFAって4と比べて速いし、相手の機体見難いし、と、まあ多くの人が感じてると思うんですけど、その条件でしっかり動かすには反射神経と、活目して画面見ることが重要だと思うんですね。自分は反射神経全くないし、目も悪いんでその辺でまず動かすのが大変。
それから試合展開のパターンが少ないんで、戦略よりも戦術とフィジカルの能力が重要になる。だからよりスポーツ的というか、ある意味で自由度が低い対戦の仕方を要求される気がしてます。
対して4はFAと比べて遅いし、相手の機体見やすいんで、それなりに画面見るっていう意識を持ってれば、十分に対応出来る気がします。まあグレの爆発だけはクッソ見難いですけどもw
試合展開のパターンも多いんで、戦略がより重要になるし、その点で、単に上手く動かすってだけではなくて、より上手く"戦う"事が必要になるんじゃないかな、と。そういう意味ではFAに比べて自由度が高く、野性的な戦闘を求められる気がします、上手く言えないんですけど、路上の喧嘩(AC4)とボクシング(ACFA)に例えたのはそういう意図です。

単に、普段の対戦環境に起因するだけかもしれないですし、断言は出来ないし人に押し付けたくもないですが、自分はそう感じた、ということですね。

まーたクソ長い記事。最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。
スポンサーサイト
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
何人きたの?
けんさく~
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。