ホーム   »  2012年05月
Archive | 2012年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻めと引き

昨日久々にらいんぶっくことしののめぇさんと対戦してきました、面白かったです
多分あんまり腕変わってないぽくてびっくりしましたね。多分1ヶ月はAC4触ってなかったんじゃないかなと思うんですけども。

それでそのあとミナオさんの過去記事みたりあっしゅさんのAC4現役時代の記事みたりして振り返りと勉強してたんですけど、そこで気になったのが攻めと引きだったのでざっと考察とまとめみたいな感じを記事にしてみます。ACFAには50%ぐらい?ACVにも10%ぐらいは応用できるんじゃないでしょうか。

AC4をはじめてすぐの時は特に大したことしてない重二に追いつけなかった僕なんですけど、それはなんでかというと行動の軸がずれてたことと「だらだら」追いかけてたことが問題でした。
軸(この場合自分の進行軸と相手の進行軸)がずれてると、前QB強2段を100回撃とうが追いつけません
(いや追いつけるかもしれないですけどEN足りないですよね)。そんでもって軸がずれてて相手に旋回しながら2段を2回ぐらい吹かすと距離が離れる方向に慣性がついてより追いつきにくくなります。なぜ軸がずれてると追いつけないのかは、前に人が一人右に向かって歩いてて自分はその人の少し左を目標点にしながら早歩きで追いかけると考えていただくとわかりやすいと思います。
2者のはじめの位置が近ければなんとか追いつけると思いますけど2者のはじめの位置が遠ければ追いつけなくなりますね。つまりはまぁ目標点の問題なんですけど、オートをつけてるとこれが顕著にでます。マニュアルでも一定状況でこうなりますね。
この「軸がずれた」状況をつくりだすのが横引きです。ACFAだと攻め側は明らかに軸がずれたっていう状況を体験することはそう多くないと思います。MBラトナのユディト脚を使ってるとかならあるかもしれないですけどw
で、軸がずれてると追いつけないのほかに、追いつけてもQB使用量が増える→EN消費が増える・相手の武器があたるのに自分の武器があたらない・交差をしても意味がないという攻め側としては最悪な状況ばっかりがでてきます。よく横引きをするとラグるとききますけど、一番の問題は軸がずれてるからあたらないということですねはい。横引きへの対応は軸のズレが小さいうちに前横前などで強制的に軸をあわせながら距離を詰めるというのが一番有効だと思います。
だらだら追いかけるとなにがいけないかというと、単にENがなくなってダメージ増えるだけというわけのわからない行動になります。ついでにおいつきにくくなりますね、前横前をして相手のタンクの目の前にいって次の前2段ためてる間に距離が離れることを考えるとわかりやすいと思います。で、だらだらっていうのが何かっていうことなんですけど、単に速度出せばいいという問題ではなくて、相手の武器の射程内にはいってからいつまでたっても自分の武器の射程内にはいらないということに問題があります(自分の武器の射程内にいれないとダメージ入れられないですからね)。例えば相手が砂砲を構えていて自分がもっているのはW102だとしましょう。砂砲の射程は900から400(マニュアルをしっかり使えば200まで対応できたりしますがそこは省きます)ですね。対して102の射程は300から100でしょうか。つまり砂砲の射程の間は一方的に撃たれるだけになります。逆にいうとそこを抜ければ自分の距離なわけですね。ということは900~400の距離のうちにENの2/3を使ってでも自分の距離にはいることが大事です。
これはこういう長い距離だけの話ではなくて対タンクをしてる時なんかは特に顕著にでますね、距離400~200までは完全にWマーヴタンクの距離なのでとにかく急いで中に入りきってしまわないと死にます。
で、急ぐときは初動二段の3連弾を使うのがベターです。
それでこの相手にだらだら追いかけさせる状況を作るのがあわせて引きと言われる行動です。ACFAだとぶるーむさんが、AC4だとMMJSという方がとてもうまいみたいです。

後ろ引きはまだ説明してなかったですね。
後ろ引きというのは向い合って距離を維持する行動と言えるのではないでしょうか。
横引きはどちらかというと相手に追いつかれないような行動ですがそれに対して後ろ引きは軸をあわせるというリスクの代わりにダメージを多くとれる行動です。
後ろ引きは単純に相手の進行方向の大体真後ろに対して進めばいいというとても簡単な行動の癖にめちゃくちゃ強いので軽量機の天敵です、軽使いのみなさんは恨みましょう。
・・・冗談はさておき、後ろ引きと横引きは組み合わせることができます。相手が近くないうちはひたすらオートをかけて後ろ引きをして接敵したらマニュアルに変えて横引きをしてみたり。もちろん武器によって引きの配分を変えられると更にいいと思いますけどね。

そうそう、ミナオさんのブログのコメントに「横引きは相手の横QBにあわせて反対に吹かすといいんじゃ・・・」というようなコメントがありましたが、それは横引きというよりかは横いなしもしくは引き剥がしという行動で、横引きというのはむしろ相手の前QBに合わせて軸をずらしながら距離を離す行動ですね。距離によっては捕捉も切れていなしの効果も得られますけども。捕捉がきれなくても相手がマニュアルにすぐきれかえない限りは軸がずれてる状態ですので相手がまた近づくまでの間に後ろ引きをして横引きの良さと後ろ引きの良さを引き出すというようなこともできます。ぶるーむさんはこれがうますぎるので困ります。こっちはほぼ常に軸がずらされてるような状態なので本来のだめ効率からはksとしか思えないダメージしか通らないんですよね。

これがざっと「引き」ですね。実際はここに少し3次元の要素が加わりますけどね。
ACVでは相手のどの方向のHBに合わせて横をしてもほぼ確実に相手のロックが切れると思うのでうまく使うと強いかもしれません。たとえば自分はHB短押ししてロックしやすくしつつ相手の捕捉をきったりとかね。

お次は攻め、というか詰める行動。大体は上で一緒にかいてますけどね
よく重は相手の行動に合わせて行動するとききますけど、実際のところは重が後ろ引きを始めないと軽量機は適当に近距離によってちょっと浮いたりしながらオートきかして腰振りしてればいいなんていうことになりかねないので、試合をはじめるのは重や「引き側」だというのが持論です。
だから相手に合わせて行動するのは軽量機や「攻め側」だと思うんですけど、実際攻めっていうのは相手に合わせる事が多いんですよね。例えば相手が目の前で横引きを始めたらマニュアルにして追いかけたり、オートをつけたまま無理やり前横前で捕捉きって再捕捉頑張ったり。後ろ引きされたらとっとと近づいて相手が浮いてなかったら交差してからサテライしてみたり浮いてたら下から見上げていじめてみたり。などなどw

さて詰める動きですけど、自分の武器の距離にはいるまではひたすら最短距離で突撃してそれから戦闘機動にはいるという感じだと思うんですが、その時にオートつけるのはすごく良くないですね、ENの無駄遣いが増えます。もちろん相手の武器確認のためにオートつけるのはいいと思いますけども。これは交差かけるときにも同じことが言えて軸がずれてる状態をマニュアルで補正して交差かけたり、あえて相手の横に目標点をおいてそこに突撃したりなにをするにしても交差かけるときは基本的にマニュアルで最短距離めざすほうが強いです。
あとは効率的に詰められる状況を見つけてそこで突撃するとENとAPが保てますね。例えば極端な例ですけど相手がどっすん着地したときに5連弾使えば5連弾分は確実に近づけますよね。
なんか詰める動きは特に書くことないようなきがするのでこれで終わりにしますw

質問なんかあればどうぞ
んじゃまたー
スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
何人きたの?
けんさく~
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。